読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sakutarou’s blog

とりあえずWeb系技術をゆるく書いていく

Travis CIみたいなGitHub連携アプリってどうやって作るんだ

GitHub

GitHubで使われている Travis CI のような連携アプリを作りたい!
と思いついたので、まずはステータスを切り替えれるようにするところまで進んでみる。
※セキュリティとか置いておいて、まずは必要最低限まで

f:id:sakutarou:20170219234506p:plain

アプリケーション作成

以下の順番でアプリケーション作成画面まで進む。
[GitHub] - [Settings] - [OAuth applications] - [Register a new application]

進めたらアプリケーション作成

f:id:sakutarou:20170219235408p:plain

f:id:sakutarou:20170219235422p:plain

callback URL Client ID Client Secret をメモっておきます。

OAuth認証

まず、GitHubにアクセス
Client ID には先ほどメモっておいたものを使います。

https://github.com/login/oauth/authorize?client_id={Client ID}&scope=repo:status

認証を行うと callback URL に設定したURLに code が戻ってきます。

http://example.com/oauths/callback?code={コード}

次に コード を利用して、アクセストークンを取得します。
取得した、 コード Client ID Client Secret を利用します。

https://github.com/login/oauth/access_token?code={コード}&client_id={Client ID}&client_secret={Client Secret}

GitHubステータス変更

以下のAPIを実行して対象プルリクエストの head => sha を取得する

https://api.github.com/repos/:owner/:repo/pulls

- :owner => GitHubユーザー
- :repo => リポジトリ

以下のURLに対して必要な情報をPOSTします。

https://api.github.com/repos/:owner/:repo/statuses/:sha

- :owner => githubユーザー
- :repo => リポジトリ名
- :sha => pullsで取得した sha

POST値

JSONで以下の内容をPOSTする

  • state : pending, success, error, failure のいづれか
  • target_url : 詳細ページへのリンク
  • description : 説明
  • context : 見出し

その他

アクセストークンの使い方

Authorization: token {アクセストークン} の形でヘッダーに組み込む

  or

?access_token={アクセストークン} の形でGET値のパラメーター組み込む

UserAgentが必須である

ヘッダーにユーザーエージェントとして、 アプリ名 を指定する

とりあえず、ここまで
次はhook処理